キャッシングは保証人がいらないです

キャッシングというのは、完全に個人の信用のみで貸すことになります。ですから、業者は保証人すら要求してこないです。そこがキャッシングの大きな特徴であるといえます。保証人というのは、非常に怖いものであり、大半の人がなりたがらないです。場合によっては、その人の債務をそのまま請け負うことになるからです。また、金融機関としてはとにかく保証人はつけて欲しいと考えています。もしもの時にはそちらに請求ができるからです。この保証人を用意するのが、様々な融資を受ける時には難しいことになります。ですから、基本的に保証人をつけたいわけですが、少額融資であるキャッシングに対して一々、そんなことをするのは不可能です。キャッシングというのは、スピードも重要であるからです。早く審査をして、貸し付けるのがポイントですから、保証人や担保を取らないのが大きな利点といえます。そして、そうしたリスクがあるからこそ、金利としてはかなり高目になっているわけです。貸す側もリスクを負っているわけです。その分が、金利になって利用者に影響しているわけです。しかしながら、傾向としてどんどん上限金利が安くなっていますから、今は業者も大変です。
参考:http://www.ftjrw.net/